防水工事・外壁塗装・屋根塗装は、大阪寝屋川市にある防水工事の専門家!九龍建創有限会社にお任せください。

見積り・ご相談無料

072-811-3677

FAX:072-811-3688 9:00〜18:00

HOME > 防水工事

防水工事

防水工事について、現場調査から工事完了までの流れや改修の目安時期、工事の種類についてご説明します。

防水工事とは

防水工事とは、建物や構造物の「雨・雪・水にさらされる部分」を防水処理することで、
建物内部に水が染み込むのを防ぎ、長期的に保護する工事です。
色々な種類の工法がありますが、当社ではお客様の建物・構造に合い、安心して長持ちする工法を企画提案しております。
お気軽にご相談ください。

 

改修工事の目安周期

改修時期の目安

工事の流れ

STEP1 建物診断

お客様のご都合のよい日にお伺いし、当社専門スタッフが建物の劣化状況を適切に調査・診断を行います。

STEP2 お見積り・仕様ご提案

調査・診断結果・ご予算・立地条件等をもとに、専門的な見地から最善最良な施工工法を選別し、ご提案をさせていただきます。
その際、出来るだけ不要な工事はしないように致します。

STEP3 着工前のお打合せ

日程等のお打合せをいたします。ご要望・ご不明な点はお気軽にご相談下さい。

STEP4 施工

施工計画に基づき、安全で的確な施工していきます。近隣の皆様に対してご迷惑をお掛けしないよう、ご挨拶へ伺います。

STEP5 検査

安全・正確な施工が行われていたかどうかを確認、検査を行います。

STEP6 完成

お客様にご納得していただいた上でお引き渡しし工事完了です。
大切な建物を漏水から守る防水工事は、私たちプロにおまかせください!

STEP7 アフターフォロー

工事完了後保証書などの完成書類をお渡しします。
お引き渡し後も責任をもってお付き合いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 

防水工事の種類

防水工事にはさまざまな種類があり、用途に応じた工法で施工します。

塗膜防水
 

液状の防水材料を塗り広げ硬化して防水被膜を形成する工法です。
フェンスの基礎があって細かい作業が必要な屋根やベランダなど、歩行を伴う場所の防水に有効です。
代表とされる防水工法は「ウレタン防水」と「FRP防水」があります。

ウレタン防水
ウレタン防水

液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して固まる(硬化する)と、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜が出来上がります。
防水層が軽量なので、建築物にかかる負担が少なく、FRP防水に比べコストが安い。
液体なので施工する場所が平坦ではなくても塗装が可能で、継ぎ目のない完全な防水膜を加工できるという特長があります。

ウレタン防水のメリット・デメリットと耐用年数
FRP防水
ウレタン防水

FRP防水の「FRP」とは、ガラス繊維強化プラスチックの略称。
繊維と合成樹脂を一緒にして、強度を高めた合成樹脂のことです。
下地が平面でなくても使用可能な点や既存の防水工事の上からも施工可能な点はウレタン防水と共通です。
速乾性なので工期が短くて済み、防水層は軽量かつ強靭で「耐熱性」「耐食性」「耐候性」などに優れているという特長があります。

FRP防水のメリット・デメリットと耐用年数
シート防水
 

シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。
耐久・耐候性に優れ、下地の亀裂にも強いという特長があります。
シート工法には、「塩ビシート防水」「長尺シート防水」「アスファルトシート防水」があります。

塩ビシート防水
バルコニーウレタン工事

塩化ビニール樹脂で作られた防水シートで、紫外線や熱、オゾンなどに対しても優れた耐久性を持っています。
施工性にも優れており、複雑な形状や狭い場所でシート同士のジョイントがたくさん発生した場合でも、シート同士を熱風で溶かして一体化できます。
単層防水のため工期も短く低コストで済み、また既存の下地があっても下地調整がほとんど必要ありません。

塩ビシート防水のメリット・デメリットと耐用年数
長尺シート防水
バルコニーウレタン工事

マンションの開放廊下など、公共の場において施工後直ぐに歩行が可能です。
表面が凸凹の防滑エンボス状になっているのと適度な柔軟性があるのでで滑りにくく、また適度なクッション性があるため歩行音はだいぶ軽減されます。
歩行の際に懸念のある摩耗や傷にもとても強い耐久性があり、防水性能も発揮します。

長尺シート防水のメリット・デメリットと耐用年数
アスファルトシート防水
バルコニーウレタン工事

合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。
さらに施工した屋上を歩けるようにするために、紫外線による劣化を防ぐ防水層の上をコンクリートで保護しますから他の工法に比べても耐久性、耐用年数ともに抜きんでています。
水密性・耐久性とも高く、施工の不具合が出にくい工法です。

アスファルトシート防水のメリット・デメリットと耐用年数

この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。