防水工事・外壁塗装・屋根塗装は、大阪寝屋川市にある防水工事の専門家!九龍建創有限会社にお任せください。

見積り・ご相談無料

072-811-3677

FAX:072-811-3688 9:00〜18:00

HOME > 外壁塗装

外壁塗装

ビル・マンション・一般戸建住宅の営繕には、塗装工事を欠くことができません。耐久性に優れた塗装は大切な資産を風雨による劣化から守ります。

外壁塗装とは

外壁塗装は、単純に外壁の色を変えるだけではなく、外壁の腐食を防ぐ事や室内の温度上昇の抑制や結露を減少させる事で、室内を快適な空間に変えるなどの、多くの効果をもたらします。
チェックやメンテナンスを怠っていると、藻やカビが生え、雨漏りの原因になります。
雨漏りを未然に防ぎ、建物の美観を損なわないように、皆様の大事な資産を傷つけないためにも、
ある程度定期的な検診をお薦めします。

 

外壁や屋根の塗り替え時期

お客様の希望や、建物の状況などに合わせて外壁や屋根の塗り替えをご紹介しています。
もちろん年数が経過していなくても塗り替えのサインは建物に現れます。
屋根塗装の場合は、使用素材(塗料)によってそれぞれ塗り替えの時期が異っておりますが、
新築物件などの場合は10年~15年経過した頃が、
また塗り替え後の場合は7年~10年くらいが目安と言われております。
実際に目で見て塗り替え時機を判断するのが確実です。

工事の流れ

STEP1 建物診断

以下のような症状はありませんか?
長く放置しておきますと、既存塗材の撤去・下地材の補修も合わせて必要になるケースがあります。

チェックポイント
  • ・施工後10年以上が経過した。
  • ・外壁を触ると手に白い粉が付く。
  • ・塗装に浮き、剥れ、割れが出てきた。
  • ・雨もりが発生した。
  • ・室内の天井、壁、床等にシミが発生した。
  • ・色あせしたり、藻がはえている。

STEP2 お見積り・仕様ご提案

下地材の強度・劣化状況等、専門的な見地から調査診断し、お客様のご希望により工法を選別、ご提案させていただきます。

STEP3 施工計画・お打合せ

施工計画に基づき、安全で的確な施工していきます。近隣の皆様に対してご迷惑をお掛けしないよう、ご挨拶へ伺います。

STEP4 施工

施工計画に基づき、安全で的確な施工していきます。近隣の皆様に対してご迷惑をお掛けしないよう、ご挨拶へ伺います。

STEP5 検査

安全・正確な施工が行われていたかどうかを確認、検査を行います。

STEP6 完成

お客様にご納得していただいた上でお引き渡しし工事完了です。
大切な建物を漏水から守る防水工事は、私たちプロにおまかせください!

STEP7 アフターフォロー

工事完了後保証書などの完成書類をお渡しします。
お引き渡し後も責任をもってお付き合いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 

外壁塗装の種類

シーリング工事
 
シーリング工事

シーリング工事とは、外壁同士の隙間や外壁とサッシの隙間、また、サッシと窓ガラスの隙間など、住宅に存在するありとあらゆる隙間を埋める工事の事をいいます。
シーリングは環境によって異なりますが、紫外線の影響を受け約5年を過ぎたあたりから劣化がはじまります。劣化が始まると、その「防水性」「伸縮性」を徐々に失い、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になります。

外壁下地補修工事
 
外壁下地補修工事

外壁の下地工事は、建物を長持ちさせる為の重要な工事です。遮熱塗料や、塗装工事を行う前にも絶対に必要となる工事です。
外壁は約10年で塗装が劣化し塗変えが必要となります。ひびなどは10年ほどで発生してしまいます。そのまま放置すると、ひび割れから雨水が浸入し、内部の鉄筋の腐食を促して建物の寿命を縮めてしまいます。最近では弾性ウレタン系塗料などの弾力性のあるものでひび割れしにくくする作業もございます。

塗料の種類

塗料は、大きく分けると次の4つに分類されます。

塗料の種類

※表の「塗布後耐久年数」は、適切な下地処理を施した上での数字であり環境にも左右されます。
※上記はあくまで外壁塗料を塗った場合のケースであり、かつ次回塗り替えのおおまかな目安です。

 

この他にも様々ありますが、塗料には、同じ樹脂でも「水溶性」と「溶剤性」があります。
また、機能性塗料も増え“防カビ”,“防藻”,“抗菌”,“低臭”,“断熱・遮熱”の他に、マイナス・イオン発生、光触媒等の様々な特殊機能を持つ塗料が幅広い分野で採用され活躍しています。
塗装工事では、この様に分類される塗料を場所や環境によって使い分ける必要があります。
お客様の希望や建物の状況などに合わせて外壁や屋根の塗り替えをご提案いたします。

この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。